白内障手術について。術前検査と手術、手術後について。東京都北区のおはらざわ眼科。板橋駅徒歩5分

おはらざわ眼科 TEL:03-6903-7285:東京都北区滝野川6-14-9 東京先端医療モールビル2F

白内障手術

術前検査

診察の結果、白内障による視力低下が判明し、手術が必要となった場合は、術前検査を行います。
術前検査の内容は、手術で取り除く濁った水晶体(白内障)の代わりに入れる人工のレンズ(眼内レンズ)の
度数測定などの詳しい目の検査と血液検査での全身検査を行います。

また、全身的な疾患で通院されている方は、安全に白内障手術ができる全身状態か
主治医に確認してから手術の予定を決めます。

白内障の手術方法

ほとんどの場合目薬の麻酔(点眼麻酔)で痛みは感じませんが、それだけでは痛みを感じる目の状態もありますので、
その場合はテノン嚢下麻酔という注射の麻酔も併用します。どちらも手術中に痛みを感じることはありません。

小さな傷口(2~3mm)を作り、そこから眼球内部にストローのような細い器具を挿入し、
白内障になった濁った水晶体をその器具の先端から発振される超音波で砕いて吸い取ります。

水晶体内部の濁りは全て取り除き、水晶体を包んでいた透明な袋(水晶体嚢)だけを残し、
そこに取り除いた水晶体の代わりになる人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入します。

手術に使用した傷口は非常に小さく、ほとんどの場合は傷口を縫わずに手術は終了します。

当院では、すべて日帰りで手術をおこなっておりますので、手術後に少し休憩してから、眼帯あるいは
保護メガネで帰宅となります。入院が必要そうと判断した場合は、予め入院施設のある病院を紹介させて頂きます。


 

 
 

 

手術中の合併症

後嚢破損
水晶体を包んでいた透明な袋(水晶体嚢)が手術中に破れてしまうことです。水晶体の後ろにある硝子体が出てくる
場合(硝子体脱出)もありますが、硝子体の処理により通常は一度の手術で眼内レンズも挿入でき手術終了となります。

核落下
水晶体を超音波装置で砕いている最中に後嚢破損がおき、破れたところから水晶体が落下することで、
非常に頻度は少ないのですがごく稀に起こることがあります。
その場合は、後日改めて硝子体手術という手術が必要となる場合があります。

術後の合併症

感染症
特に細菌性眼内炎はきわめて重篤な合併症であり、急速に症状が悪化して、失明に至るケースもあります。
手術時に使用する器具や目の消毒、術前・術後の抗菌剤の点眼・内服などで感染症に対しては
当院でも万全の体制で行っておりますが、一般的には約2000人に1人の発生率で起きています。

後発白内障
術後数か月以降で、眼内レンズを入れるために残してきた水晶体を包んでいた透明な袋(水晶体嚢)が濁ってくることで、
それにより再び視力が低下する場合があります。
その場合は、YAGレーザーで濁りを取り除くことにより、視力は元通りに回復します。
レーザー治療は、痛みも伴わず、日帰りでできます。

日曜 眼科
白内障の手術なら